映像制作会社の6つの選び方

近所の会社を選ぼう

逆に映像制作会社が遠いと、何が問題になるでしょうか?

まず、撮影の費用。
たとえば会社の紹介映像を作ってもらう場合、会社に来てもらって撮影をしないといけません。
その場合、「移動費」が発生します。
これがもし、えらく遠い会社に発注した場合は、意外とかさみます。

次に打ち合わせの面。
遠い場所にある会社だと、会って話をするというのは、なかなか時間も
コストもかかってしまいます。
そのため、密な打ち合わせを行うことができなくなって行く可能性があります。
打ち合わせをしたくても、すぐにできないのでは話になりません。

ただ、打ち合わせの面でいうと、最初に一度直接会って打ち合わせをして、
それ以降は電話やメール、スカイプといった手段でやり取りをするというところも
多いと思われます。
それはそれで、合理的でいいとは思われますが、その場合も、すぐに返信が来る、
対応の早いところにお願いしたいものです。

あるいは、撮影と編集を別のところに依頼する、というやり方もできます。

そうすれば、撮影だけは会社に近いところに依頼して、編集の方は、
会社が遠くても、やってほしいところに依頼する、というやり方です。
いい編集をしてくれる会社は近くにないが、撮影は大丈夫なところは近くにある、
という場合などに有効な方法だと思います。
映像制作会社が近くにないエリアの方には、おすすめの方法です。

「自分たちで撮影も編集もやれた方がより密度の高いものができる」と主張する
映像制作会社があったとして、その考えも、もちろん一理あります。

しかし、優秀な編集者であれば、撮影者の意図も汲んだ上で編集することができます。
その場合、むしろ編集者が優秀かどうかのほうが重要になってくるとも言えます。
撮影者が外部であれ内部であれ、編集者が優秀である限り、結果はいいものになるとも思います。

とはいえ、もちろんカメラマンが優秀であることに越したことはありませんし、
編集者とも気脈が通じたカメラマンであった方が作業はスムーズになる可能性が
上がるとは思います。

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top