映像制作会社の6つの選び方

編集者はできるだけ指定しよう

編集者を指定できるなら、そうしたほうがいいです。
それは、編集者によって映像の出来が違ってくるからです。

特に、映像制作会社の事例を見て、その中で気に入った映像があったとしましょう。
この場合、この映像を作った人に依頼できるのがベストだと思います。

特に大きな会社で編集者を何人も抱えているところの場合、
事例を気に入って発注したにもかかわらず、なにかセンスが違う、
思ったようなできじゃない、なにか違う、といったことになる場合が
あるとすれば、それは単純に、気に入った事例の編集者とは別の人が
作っているからです。

「あれ、思ってたのとちょっと違うものが出来てきた」
を避けるためには、出来る限り、編集者は指定できたほうがいいでしょう。

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top