映像制作を依頼したいと思ったらまずやるべきこと

映像制作、こっちはなにを指示すればいい?

映像制作、こっちはなにを指示すればいい?

映像をいざ「作りたい」と思っても、では実際、映像制作会社になにを言えばいいのかは、
雲をつかむような寄る辺なさがあります。
しかしながら、

「映像作ってよ」

これだけでも、大丈夫といえば、大丈夫です。
ただし、当たるも八卦、当たらぬも八卦、こっちが欲しかった「こんな映像」とは
似ても似つかないものが生み出される可能性はあります。

では、そんな悲劇を生み出さないためには、どうすればいいか?

「何を?」「誰に?」「どうやって?」の3つを伝えることが肝心だと思います。

同じ素材でも、たとえばパン屋さんのパンの宣伝だとして、一番売りたいパンはどのパンか、
それはどういったお客さんの層に売りたいのか、それをWEBで宣伝したいのか、
あるいは店頭でモニターから映像を流して宣伝したいのか、そういった指示を
まず行うことが大切に思います。

でも、「指示するのも面倒くさいなあ」と思われたとしたら、その場合は最初に戻りますが、

「映像つくってよ」

これだけでもいいものを作ってもらえる可能性はあります。

そのためにはどうするといいか?

映像制作会社をたくさんリサーチし、その過去の作品事例を見て、

「この会社(人)に頼みたい」

と思えるところに頼むという方法です。
そうすれば、「外す」確率はかなり低くなると思います。

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top