映像制作会社の6つの選び方

制作事例を出してない会社はやめておこう

制作事例をサイトにのせていない会社は避けたほうがいいです。

いくらサイトが信頼感のある会社であっても、あるいはいくら料金が安くても、
「どういったものを制作しているのかがわからない会社」は避けたほうが無難です。

発注をする前に、かならずどういうものを実際に作ってきたのか、事例を見させてもらってから、
本当に発注すべきかどうかを判断するのに越したことはないと思います。

制作事例をのせていない場合、その理由として考えられるのは、

公開できない制作事例しかない場合
あるいは、
公開するほどの事例がない場合
だと思います。

前者の場合は、WEBサイトでは公開できないが、依頼者から要請があれば
見てもらえるようにしてくれる会社もあることでしょう。
会社に出向いて直接見せてもらえる、あるいはパスワード付きのサイトで
見れるようにしてもらえる、または、事例集のDVDを送ってもらえる等、
なんらかの方法で、できる限り見せてくれようとすると思います。

もしかしたら、ただ自社サイトに力を入れていないだけで、
面倒くさくてのせていないだけな場合もあるかもしれないので、
どうしてもそこに頼んでみたいと思われる場合は、事例をまず見せてもらえるように
頼むといいと思います。その場合は、すんなり見せてくれると思います。

そして、制作事例を見た上で、本当にこの会社に依頼したいかを判断したほうが
転ばぬ先の杖、無難だと思います。

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top